2012年11月20日 2012かながわ薬剤師学術大会にて学術発表決定

平成25年1月14日(月、成人の日)に、パシフィコ横浜 会議センターにて開催される
「2012かながわ薬剤師学術大会」にて、弊社社員が今年で4回目となる学術発表(ポスター発表)を行なうこととなりました。

演題名は「一般名処方の促進による後発品の普及と薬剤費削減への影響について」です。平成24年度診療報酬改正に伴い導入された一般名処方が、後発医薬品の使用率や患者様の負担へ、どのような影響を与えたのかを、法改正前後の社内データを比較することにより、考察を加えた内容になっています。

社外データ、全国的な傾向も気になるところですが、今回は社内調査においての結果を発表します。


<< 一覧ページへ



↑ページのトップへ