先輩インタビュー
村上 裕美子

Q.この道に進もうと考えた理由は?

薬剤知識の専門性をもって医療に貢献する事に興味があった事

Q.職場の環境は?

環境を整える仕事が自分の行っている管理者としての業務で、管理薬剤師としてドクターと採用薬剤について話し合う事や、薬局のスタッフシフト調整等の管理もあります。全ては患者様の為にです。

Q.今は主にどのような仕事を担当していますか?

管理薬剤師として勤務しています。社内委員会では勉強会のリーダーをしています。休日診療所の当番や、区のリスクマネジメント委員として、社内の薬局業務以外の仕事もしています。
私は新卒で入社しました。入社当初から諸先輩方に薬剤師としての業務は勿論のこと社会人としての心得など、厳しくも温かく鍛えて頂きました。お陰様で、薬剤師としても人としても成長できたと感謝しています。私も後輩の指導をしっかりとやっていこうと思います。

Q.仕事のやりがいや面白さはどのようなところですか?

薬局業務では、患者様に安心して薬を服用していただく為に、患者様の話を聞き、考え、時に服用についてドクターと相談し、説明し、理解していただき、後日感謝された時は良かったと思います。 休日診療に出勤している時に、「知っている薬剤師の方で安心しました」と言われると、地域医療に貢献し、認知されてきたとうれしく思います。

Q.将来の夢についてお聞かせください。

さらなる地域医療への貢献

Q.就職活動中の皆様へアドバイスをいただけますか。

学生の方には、自分の進む進路について大いに悩んでもらいたいです。病院・薬局実習をされて、だいたいの職場の環境は知っているかと思いますが、実際に働くのとは違います。友人と就職活動について話し合うのも良いと思います。
↑ページのトップへ